≪体内吸収≫なら、低分子化ヒアルロン酸『皇潤』で今すぐ、うるおい実感!!

2007年03月12日

ヒアルロン酸注射でシワとりでアンチエイジング

ヒアルロン酸注射・注入でシワをとる、
アンチエイジング(若返り、老化防止)が注目をあびています。

ヒアルロン酸は、お肌の中の真皮に多く存在して、
お肌のみずみずしさを保っていますが、
年齢とともにヒアルロン酸の生成能力が落ちてきます。


体の中のヒアルロン酸の量は、
赤ちゃんのときが一番多いです。

そして幼少時から、
年齢とともにヒアルロン酸の量が減っていきます。

特に30代以降は、急激にヒアルロン酸が減少します。
そして40代になると、赤ちゃんのときの量の半分になってしまいます。


ヒアルロン酸は水分をたっぷりと含んでいるのが特徴ですから、
ヒアルロン酸が減ると、
お肌の保水力や張りが失われます。

そして、
「しわ」「たるみ」といった老化現象を引き起こすのです。


加齢で減ったヒアルロン酸を補給してのシワとりには、
直接気になる部分にピンポイントでヒアルロン酸を注射・注入するのが、
早く・カンタン・低料金だといわれています。


無料で一ヶ月DVDをTSUTAYAで借りちゃおう!


ヒアルロン酸注射でシワとりと低分子ヒアルロン酸の比較

ヒアルロン酸注射でシワとりをする場合は、
通常のヒアルロン酸の分子量のままで使いますが、
最近「低分子ヒアルロン酸」というのが出てきました。

「低分子ヒアルロン酸」は、
サプリメントやお化粧品でよく使われていますね。


この低分子ヒアルロン酸とは、
ヒアルロン酸の分子量を小さくして、体内に吸収しやすくしたものです。

ヒアルロン酸の分子量は、100万〜800万です。

人間の皮膚は分子量が3000程度なので、
ヒアルロン酸をお肌にぬっても、
肌の表皮からお肌のみずみずしさの元の「真皮」までは浸透しにくいです。


そのためにできたのが、低分子ヒアルロン酸です。

低分子ヒアルロン酸は、
ヒアルロン酸に比べて分子量が小さいため、
ヒアルロン酸よりも体内に吸収されやすくなります。

お化粧品などでは、
ヒアルロン酸よりも低分子ヒアルロン酸の方が効果が高いでしょう。


ただ、美容整形やシワとりでのヒアルロン酸注射・注入では、
ヒアルロン酸は直接体内へ注射・注入するため、
低分子ヒアルロン酸でなくてもいいのです。

分子量が大きいままのヒアルロン酸でいいのです。
むしろ分子量が大きいヒアルロン酸の方が、
体内での吸収が遅くて残りやすいのです。

しわ・たるみでのヒアルロン酸注射・注入には、
低分子ヒアルロン酸よりもヒアルロン酸が適しているといえます。



これはヒアルロン酸が、
高分子のヒアルロン酸であればあるほど、
水分をジェル化する能力が高いからです。

水分をジェル化して、
お肌の真皮や角質層に水分をより多くとどめておくのです。


ヒアルロン酸注射・注入でシワとりをする際には、
どんな分子量のヒアルロン酸かも確認しておくとよいでしょう。


分娩費用がクレジットカードで払える病院
カテゴリ
Copyright© byヒアルロン酸注射でシワとりAll rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。